なまずのねどこ

生物採集とか旅行記とか。Twitter→@nen_no_method

北海道遠征7日目 アポイ岳散策+日高の駅巡り

前回からの続きです。

様似の港で始発のバスの時間まで待って駅前から襟裳岬方面行きのバスに乗ります。

 

f:id:nenjin:20171023164018j:plain

今回散策するのはアポイ岳。橄欖岩(かんらんがん)でできている地質学的に珍しい山で、ジオパークにも認定されている…だそうです。様似町もここのPRに力を入れているようです。

アポイマイマイやヒメチャマダラセセリなどの珍しい生き物も多種生息しているとか。実際この様似に来たのもアポイマイマイを見ることが最大の目標なんですよね。

 

 

f:id:nenjin:20171023164650j:plain

散策中に良さげな沢を発見、少し覗いてみるとニホンザリガニがいました。

お初です。ウチダザリガニやその他外来ザリガニ勢のようなゴツさはないですね。

もちろん持って帰れないのでそのまま写真だけ捕ってリリース。

 

3時間くらい山道を散策して下山しました。

 

え、アポイマイマイ

見れませんでした…( ◞‸◟ )

まぁこういうこともありますよね。経験積んでまた来年にでも出直してきます。

 

気を取り直して日高本線の駅巡りに戻ります。

新冠以南は車で全駅行ったのですが、まだ訪問していない駅もいくつかありまして。

前日に行った駅もまとめて記しておきます。

 

f:id:nenjin:20171023154143j:plain
f:id:nenjin:20171023154152j:plain

節婦 せっぷ -日高本線

前日(9/1)に訪問。こぢんまりした新しめの駅舎ですね。

 

f:id:nenjin:20171023170636j:plain
f:id:nenjin:20171023153937j:plain

f:id:nenjin:20171023153927j:plain

大狩部 おおかりべ -日高本線

前日に訪問。海のすぐ側にあり夕日がとても美しい駅です。コンクリでできた小さな待合室がホームの山手に設けられています。

 

f:id:nenjin:20171023153823j:plain
f:id:nenjin:20171023153839j:plain

厚賀 あつが -日高本線

厚賀というのは合成地名らしいですね。木製のそこそこ立派な駅舎。

 

f:id:nenjin:20171023153416j:plain
f:id:nenjin:20171023153423j:plain

f:id:nenjin:20171023170602j:plain

清畠 きよはた -日高本線

前日に訪問。ホームの向かいには草原が広がっておりその先に太平洋が見えます。

北海道らしい風景。

 

f:id:nenjin:20171023153718j:plain
f:id:nenjin:20171023153725j:plain

豊郷 とよさと -日高本線

前日に訪問。駅舎は清畠駅のものと似ています。背の高い草が邪魔して海は見えません。

 

f:id:nenjin:20171020205618j:plain
f:id:nenjin:20171020205758j:plain

日高門別 ひだかもんべつ -日高本線

8/30に訪問。

 

f:id:nenjin:20171023171136j:plain
f:id:nenjin:20171023171149j:plain

富川 とみかわ -日高本線

汐見駅訪問後にここに降り立って日高本線の休止中駅は全駅訪問達成。駅舎は立派でトイレもあります。

 

f:id:nenjin:20171023171240j:plain
f:id:nenjin:20171023171247j:plain

汐見 しおみ -日高本線

ここには乗降者調査員の方がいました。国道から離れた場所に位置しているのでやはり利用者も少ないんでしょうね…

 

とりあえず大したアクシデントもなく見たいものは見て回れて一安心。

そのまま苫小牧で電車に乗り換え札幌のネカフェで宿泊しました。

 

次回は北海道最終日。続きます。