読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねんろぐ

魚捕りとか旅行とか。@tanakia_limbata

京都の実家近くの河川にて

久々の淡水ガサ。

f:id:nenjin:20160820085238j:image

 

雨が降った後で水が少し濁ってはいましたが、ブッシュも程よく茂っていい感じです。

 

f:id:nenjin:20160820085359j:image

f:id:nenjin:20160820085409j:image

カムルチーの幼魚やタウナギなどは嬉しい収穫でしたね。どっちも国外外来種ですが…

タイリクバラタナゴもやはり多いです。同所的にカネヒラも生息していますが、こちらは秋産卵型なのでそこまで競合している感じはしませんね。

 

f:id:nenjin:20160820085916j:image

やっぱりいいですね川採集。もう一度やりたいぜ。

鹿児島市の某河川にて

f:id:nenjin:20160705181107j:image

カワアナゴ Eleotris oxycephala 。

割と清澄な川の中流域の転石下にいました。

熱湯煮え滾るモーリーの川

指宿行ってきました。

 

目当てはスリコギモーリー Poecilia mexicana

学名読んで字のごとくメキシコ辺りが原産地のカダヤシ科魚類です。

 

で、某河川で2~3時間採集してたんですが、

結論から言うと、

 

モーリーとティラピアしかおらんやん!状態でした。

辛うじて捕れた在来種がボラとコトヒキだけ…これは…

ティラピアの種類は多分ナイルティラピアだと思います。

 

f:id:nenjin:20160608000841p:plain

タモ網でブッシュを一回ガサガサしてやるだけでこの始末。

在来種がいない。

 

f:id:nenjin:20160608001051p:plain

これもひと掬い。こんな風呂みたいな温度の水(湯)でよく生きられるよなぁ…

 

f:id:nenjin:20160608001821p:plain

スリコギモーリー。上が♀、下が♂です。

なかなか綺麗な魚ですが、この子たちが日本にいることには少々違和感を感じてしまうのは日淡屋の性でしょうか。

 

魚はこんな感じだったんですが、ほかには

 

f:id:nenjin:20160608002309p:plain

イボアヤカワニナ Tarebia granifera が捕れました。

九州本土での生息域は限られているみたいですね。

これは嬉しいサプライズ。

 

f:id:nenjin:20160608002143p:plain

ヌノメカワニナ Melanoides tuberculatus 。ここでは外来の貝みたいですね。

よく熱帯魚水槽に蔓延ってアクアリストを困らせるやつです。

 

特に書くこともないので以上です。

今回の採集でいよいよウェーダーの水漏れがキツくなってきたので、買い替え時かなぁという感じ。

あと肩が痛い。楽しいんですが、ウェーダー装備して網振り回しながら川を徘徊するのはやはり疲れますね…

梅雨と琥珀

こんばんは。ねんじんです。

4日だったでしょうか、南西諸島に続きとうとう本土も梅雨入りしてしまったようですね。

洗濯物が乾かずイライラするこの季節ですが、塀を這うカタツムリを見ていると、ジメジメするこの時期も悪くないな~、などと思ってしまうこの頃です。

 

今日は空きコマがあったので、例のごとくカタツムリ目当てに大学内の森を散策していたのですが、少し嬉しい出会いがありました。

 

f:id:nenjin:20160606195221p:plain

コハクオナジマイマイ Bradybaena pellucida 。

レモン色をした小さくてかわいらしいカタツムリです。

この間南九州市で初めて見たのですが、まさかこんなに身近な場所にも棲んでいるとは思いませんでした。

 

魚捕りには暫く行けそうにないですが、梅雨もよいものですね。

まえがきのようなもの

知ってる方はこんにちは、知らない方は初めまして。

ねんじん という者です。

鹿児島で水生生物の採集や飼育などしております。

浅学ゆえ誤同定など多々あると思いますが、その際にはご指摘いただければ幸いです。

内容は魚類ほか水生生物に関する記事がメインになると思います。たまに旅にも出ます。

 

自己紹介としてはこんな感じでしょうかね。

いろいろ至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。