なまずのねどこ

B級スポットとか県境とか駅とか魚捕りとか。常にどこかに出かけていたい負け組大学生。Twitter→@kyoto_psycarrot

生き物四方山話

キュウシュウシロマイマイ

福岡県平尾台で採集したキュウシュウシロマイマイ Trishoplita eumenesです。九州や山口県の石灰岩地帯に生息する、その名の通り白くてかわいいカタツムリ。 近畿や中四国を中心とする西日本に広く分布するオトメマイマイと近縁の種類です。 現地では石灰岩…

オヤビッチャとロクセンスズメダイ

黒潮沿岸域での小物釣りでよく釣れる魚としてスズメダイの仲間が挙げられます。 今回はそのスズメダイ科の中でも数の多いオヤビッチャとロクセンスズメダイについてのお話です。 オヤビッチャ Abudefduf vaigiensis 南日本の太平洋岸に多く分布する普通種。 …

ヤマタカマイマイ

京都市内の山中で採集したヤマタカマイマイ Satsuma papilliformis です。 分布域は中部地方から近畿地方北部にかけてと狭くはないのですが生息密度が低く、探そうと意気込んでもなかなか見つけることができません。環境省のレッドデータでも準絶滅危惧(NT…

四万十川のアカメ

高知県四万十川で採集したアカメの幼魚。濃淡の縞模様は成長するにつれ薄れ、いぶし銀の体色に変わっていきます。 尾鰭の先がスズキのように尖らず丸みを帯びるのも特徴的。 頭部の拡大画像。 名前の由来でもある赤い瞳孔は血液の色が透けて見えるためですが…

アカオビハナダイ

鮮やかな体色や長く伸びたヒレに思わず見惚れてしまう美しいハタ科の魚、アカオビハナダイ Pseudanthias rubrizonatus 。全長10cmほどのかわいい小魚です。 熱帯魚のような派手な見た目ですが、沖縄では確認されないようで鹿児島県が日本での分布の南端にあ…

ニシン

昨年11月に北海道小樽市で釣った ニシン Clupea pallasii です。鱗は青みを帯びた銀白色にギラギラと輝き、いざ自然界の生体を見るとマイワシなどとはまた異なる印象を抱かせる魚です。雰囲気はマイワシよりはサッパが近いかな? 夜釣りなのでヘッドライトの…

静岡県伊豆のヒナモロコ

静岡県伊豆地方で採集したヒナモロコ Aphyocypris chinensis です。 日本においては福岡県など九州北部のごく限られた地域にのみ自然分布し、絶滅危惧ⅠA類に指定されるなど希少な淡水魚として知られていますが、海外では中国や韓国などにも分布するいわゆる…

ヨコシマドンコ

先日愛知県某所で採集したヨコシマドンコ Micropercops swinhonis。 中国や朝鮮半島を原産とする国外外来種。生き餌用のエビに混入していたものが放逐され定着に至ったとされています。 一見ジュズカケハゼの仲間と似たような雰囲気を醸し出していますが、ド…

ミカドギセル

11月20日に岐阜県某所で採集したミカドギセル Tyrannophaedusa mikado 陸貝始めて以来の憧れの貝のひとつでした。著しく伸びた殻頂の造形美に惚れ惚れします。薄紅色の暖かい色合いにもまた高貴さを感じますね。 キセルガイの帝とはよく言ったものです。 ………