なまずのねどこ

B級スポットとか県境とか駅とか魚捕りとか。常にどこかに出かけていたい負け組大学生。Twitter→@nen_no_method

新緑の北摂でかたつむり探索

5月も下旬に差しかかり、梅雨の足音が近づいてきました。そろそろ陸貝が熱い時期ですね。

土砂降りの雨は未明に上がり、涼しく爽やかな朝の空気。こんな日は、カタツムリを求めて出かけましょう。

 

f:id:nenjin:20190521210144j:image

やってきたのは大阪北摂のとある山。雨が上がってすぐ出発した甲斐あって、虫や貝たちも活気づいていました。

以下、主な採集成果です。カメラにガタがきており、写真がいつもにも増して雑です、申し訳ありません

 

f:id:nenjin:20190521205152p:plain

ベッコウマイマイの仲間。ウラジロベッコウ Urazirochlamys doenitzii かな。

体に対して殻が小さく、普通のカタツムリのように軟体部を引っ込めることができない、捕まえようとすると体をくねらせて抵抗します。

 

f:id:nenjin:20190521205210p:plain

落ち葉混じりの土の上を這っていたシリオレギセル Decolliphaedusa bilabrata 。成長に伴って殻頂が折れるのが名の由来です。

 

f:id:nenjin:20190521213007j:image

ナミマイマイ Euhadra sandai communis 。関西ではクチベニマイマイと並んで最も多く見られる大型のカタツムリ。でかいです。

 

f:id:nenjin:20190521205507p:plain

アワジオトメマイマイ Trishoplita awajiensis

 

f:id:nenjin:20190521205542p:plain

コベソマイマイ Satsuma myomphala 。透けて見える軟体部の模様が美しいです。

 

午後からは、少し移動して京都寄りの別ポイントへ。

 

f:id:nenjin:20190521214259j:image

こちらは神社林です。日は昇ってしまったものの、カタツムリの好む雨後の湿っぽさは健在です。

 

f:id:nenjin:20190521205602p:plain

ニッポンマイマイ Satsuma japonica 。謎のポージング中。かわいい。背筋かな?(すっとぼけ)

Satsuma属は体がよく伸びますね。

 

f:id:nenjin:20190521205639p:plain

クチマガリマイマイ Aegista cavicollis 。地味に初採集の子。ねじれた殻口の形が特徴的な、殻径5〜6mmほどの小さなカタツムリです。

 

他にはコウベマイマイの死殻なんかも。個体数は少なそう。

標本用に数個体お持ち帰り。

 

うっとうしい梅雨ですが、雨が降るたび愛らしい彼らとの出会いに胸をときめかせられると考えれば、案外悪くないように思えてきますね。

タツムリはいいぞ。

キュウシュウシロマイマイ

f:id:nenjin:20190419234617j:plain

福岡県平尾台で採集したキュウシュウシロマイマイ Trishoplita eumenesです。九州や山口県石灰岩地帯に生息する、その名の通り白くてかわいいカタツムリ。

近畿や中四国を中心とする西日本に広く分布するオトメマイマイと近縁の種類です。

現地では石灰岩上や民家の軒先を這っている姿が見られました。

 

f:id:nenjin:20190419235054j:plain

平尾台秋吉台とともに日本三大カルスト石灰岩地形のひとつ)に数えられる四国カルストにも、やはり近縁のシロマイマイが分布しています。

殆ど西南日本にしか見られない仲間で、九州や四国の地史を考えるにあたってもなかなか興味深い存在といえそうです。

 

f:id:nenjin:20190420001259j:plain

殻高の高い個体。局所分布の種類にしては割と形態変異の幅が大きい気がします。

 


宮崎県のカタツムリ

勇払駅(北海道・JR日高本線)製紙工場の玄関口を担った原野の駅

f:id:nenjin:20190415093202j:image

苫小牧駅から日高本線で1駅。市街地からはそんなに遠くありませんが、閑散とした無人駅です。

写真に飛行機が写り込んでいることに後で気がつきました。苫小牧市内なので新千歳空港が結構近いんですよね。

 


f:id:nenjin:20190415094037j:image

f:id:nenjin:20190415094032j:image

駅舎と駅名標。無骨ながら無人駅にしては割と立派な駅舎ですが、これは昔この駅から製紙工場からの引き込み線が引かれていた名残です。構内もかなり広く取られています。

 

f:id:nenjin:20190415094316j:image

構内。1面1線の単調なホームです。

日高本線鵡川〜様似間が高波の被害により長期休止中ですが、訪れた時には残る苫小牧〜鵡川間も地震の影響で運休となっていました。

「様似方面」の乗車口掲示も、二度と様似まで列車が行くことはないかもしれないと思うと少し哀しげに見えます。

 


北海道 鉄道駅大図鑑

オヤビッチャとロクセンスズメダイ

黒潮沿岸域での小物釣りでよく釣れる魚としてスズメダイの仲間が挙げられます。

今回はそのスズメダイ科の中でも数の多いオヤビッチャロクセンスズメダイについてのお話です。

 

f:id:nenjin:20190414212134j:image

オヤビッチャ Abudefduf vaigiensis

南日本の太平洋岸に多く分布する普通種。

最大の特徴は体側の5本の暗色横帯で、目視でもかなり目立ちます。体色は黄色みがかることが多いです。

写真は宮崎県日南市産。

 

f:id:nenjin:20190414212636j:image

ロクセンスズメダイ Abudefduf sexfasciatus

分布の傾向はオヤビッチャよりも更に南に寄っています。

体側にはオヤビッチャと同様に5本の横帯があり一見よく似ていますが、それに加えて尾鰭の上下(両葉)にそれぞれ1本ずつ暗色の線をもちます。体側の色もより青みが強いです。

写真の個体は上のオヤビッチャと同じ宮崎県日南市産です。

 

大まかな違いはこんな感じですが、具体的な個体の例を見ていきましょう。

 

f:id:nenjin:20190414213754j:image

鹿児島県奄美市産。

典型的なロクセンスズメダイですね。九州以北の産地で混生する場合、大抵オヤビッチャの方が圧倒的に優勢ですが、奄美まで来るとむしろロクセンスズメダイの方が幅を利かせています。

 

f:id:nenjin:20190414214236p:image

鹿児島県熊毛郡屋久島町産。

こちらも典型的なオヤビッチャ。このように青みがかっている個体はあれど、やはり尾鰭両葉の帯の有無が決め手になります。背中の黄色も健在です。

 

f:id:nenjin:20190414214649p:image

鹿児島県南九州市産。

夜間のオヤビッチャです。昼夜で体色が変わる魚は少なくありません。オヤビッチャもそういった魚種のひとつで、体側の横帯が極端に薄くなりますが、ベースの黄色っぽい体色は保たれています。

 

f:id:nenjin:20190414215247p:image

和歌山県日高郡印南町産。

これも尾鰭に線がないからオヤビ……ではなく、こちらはよく似た近縁種のテンジクスズメダイ Abudefduf bengalensisの幼魚。よく見ると体側の横帯は6(鰓蓋上方の1本を加えれば7)であることがわかります。同じオヤビッチャ属の幼魚には似たような見た目のものも多いので要注意です。

 


小学館の図鑑Z 日本魚類館: ~精緻な写真と詳しい解説~

金沢市大桑・犀川河原の化石

もう1ヶ月近く前になりますが、日帰りで金沢に行ってきました。

北陸鉄道石川線に乗ったり町中をぶらぶらしたりといろいろしたんですが、一番の目的が『化石採集』です。

 

f:id:nenjin:20190413124127j:plain

金沢駅から市街の南方にある「涌波一丁目」停留所まで、バスに揺られること30分ほど。ここから歩いて金沢を象徴する川である犀川の河原にアプローチしてみます。

 

f:id:nenjin:20190413124549j:plain
f:id:nenjin:20190413124602j:plain

現地に着き「大桑貝殻橋」という歩行者専用の橋を渡ります。

この「大桑」、地名の読みこそおおくわなのですが、地学用語ではおんまと読むそう。この橋の読みは後者で、地名の方も昔はおんまと読んだらしいですね。難読ゆえに読みの変更を余儀なくされたんでしょうかね?

 

f:id:nenjin:20190413125313j:plain
f:id:nenjin:20190413125322j:plain

いざ河原に降りると一面の甌穴(ポットホールが目を引きます。岸にできた凹凸に押し流されてきた石が水流で回転することにより、基岩が長い時間をかけて削られ綺麗な丸い穴を形成していくというメカニズムですね。

一部には右の画像のような貝殻が露出している地層も見られます。基本的にここで化石を掘ることになります。

以下は主な成果。

 

f:id:nenjin:20190413130232j:plain
f:id:nenjin:20190413130347j:plain

左:オンマサルボウ
右:ナガサルボウ

汽水や浅海域でお馴染みのサルボウガイの仲間。「アカガイ」の近縁種といえばピンとくる方も多いのではないでしょうか。

 

f:id:nenjin:20190413130748j:plain
f:id:nenjin:20190413130654j:plain

左:エゾタマキガイ
右:アラスジサラガイ

アラスジサラガイは現生種でもあります。きめの細かい成長脈が綺麗です。

 

f:id:nenjin:20190413131442j:plain
f:id:nenjin:20190413131447j:plain

ヨコヤマホタテ

北陸地方特産の絶滅種で、この大桑層にもよく見られます。欠けたところのない完品ばかりではないですが、根気よく探すとそれなりの数が見つかりました。

 

f:id:nenjin:20190413131924j:plain
f:id:nenjin:20190413131931j:plain
f:id:nenjin:20190413131916j:plain

左:ニッポンヨウラク

中:ヒダリマキイグチ

右:タマガイの仲間

巻貝シリーズ。左巻きの海産巻貝ってあんまり見ないですよね。

 

といった感じでした。

結局2時間くらいしか採集できなかったので、次は北陸の観光も絡めて泊まりで長居してみたいですね。もっと新たな発見があるかも。

 


帰ってきた! 日本全国化石採集の旅―化石が僕をはなさない

ヤマタカマイマイ

f:id:nenjin:20190407114905p:plain

京都市内の山中で採集したヤマタカマイマイ Satsuma papilliformis です。

分布域は中部地方から近畿地方北部にかけてと狭くはないのですが生息密度が低く、探そうと意気込んでもなかなか見つけることができません。環境省のレッドデータでも準絶滅危惧(NT)にカテゴリされています。

 

f:id:nenjin:20190407115521p:plain

ニッポンマイマイなどとは雰囲気こそ近いものの、右巻きのカタツムリとしては異様に高い殻高で容易に見分けがつきます。

南西諸島にはオキナワヤマタカマイマイやその近縁種が分布しています。こちらも分類は同じSatsuma属ですが、本種ほど殻高は高くなく、独特の色帯が入ることでかなり違った印象を受けます。

 


カタツムリハンドブック

九州の駅に見られる国鉄時代の駅名標

今回はJR九州管内において現在見られる国鉄時代からの駅名標について考察していきます。だいたい去年の夏コミで頒布した「駅名標探訪 Vol.1」からの引用です。

 

内照式の駅名標

駅名を印字した看板を内側から照らす形式の駅名標です。ここで用いられる国鉄書体は大きく分けて3つあります。

 

①すみ丸ゴシック(新陽社製)

f:id:nenjin:20190406225224p:plain

国鉄期のサインシステムとして全国的に見られ、国鉄書体といえばこの書体を思い浮かべる人も多いと思います。JR北海道で縦型のホーロー駅名標に採用されていたり、JR東海駅名標フォントの原型になっていたりもします。

全体的に曲線が強調されておりメリハリのある字形が特徴的です。すみ丸という名は、字の隅の角を削り取って丸くしたことに由来します。

f:id:nenjin:20190406231925j:plain
f:id:nenjin:20190406231717j:plain

見られる駅:荒尾・飫肥・二月田など

 

②すみ丸ゴシック(西日本電機器製作所製)

f:id:nenjin:20190406225637p:plain

新陽社製のすみ丸ゴシックのように全国的に分布しているわけではありませんが、九州内の鉄道駅で見られる国鉄書体としてはこれが最も多いのではないかと思います。西日本電機器製作所が北九州門司の会社であることも関係しているのでしょう。

曲線が滑らかで丸っこい雰囲気があります。字形のぶれが大きく、同じ字でも場所によってかなり異なる形をとります。同じすみ丸ゴシックと呼ばれる書体でも、メーカーによって全く違う形態をとるのは興味深いです。

f:id:nenjin:20190406232532j:plain
f:id:nenjin:20190406232543j:plain

見られる駅:日田・佐伯・柳ヶ浦など

 

③JNR-L

f:id:nenjin:20190406230049p:plain

上二つのすみ丸ゴシックのように、国鉄のサインシステムにおいては書体の統制がさほど強く意識されてはいませんでした。その現状を刷新する目的で1982年に生まれた写植書体がこの「JNR-L」です。すみ丸ゴシックに比べ角ばった字形でモダンな印象を受けます。この書体が広く普及する間もなく迎えた民営化後のJR各社に継承されることもあまりなかったため(漢字書体に限っていえばJR東海の一部のサインシステムには採用されていますが)、JNR-Lを用いた駅名標が残存する駅は全国的に見ても少ないです。

f:id:nenjin:20190406233227j:plain
f:id:nenjin:20190406233243j:plain

見られる駅:鶴崎・長洲・真幸など

 

■手書きの駅名標

JR九州管内において、ホームの地表に直接設置されている「建植型」の駅名標(第4種駅名標)のうち国鉄時代からのものはほとんどが手書きで、独特のノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

f:id:nenjin:20190406234638j:plain
f:id:nenjin:20190406234651j:plain

左画像の西唐津駅名標には隣駅名を示す欄の中間に所在地表記があります。かすれて読みづらいですが佐賀県唐津市と縦書きで表記されており、これも国鉄時代の手書き駅名標にはよく見られた様式です。

古い駅名標が製作・設置された時期を推測する手段として、

・駅舎の改築時期を調べる

・隣駅に比較的新しい駅や改称歴のある駅があればその経歴を参照する

といったものがあります。これらの手法を利用して駅名標の歴史を推測できる駅はそう多くはないですが、場合によっては決定的な証拠となりうるのは面白いです。

例として南福岡駅ホームの博多方面端に設置されている手書きの駅名標を挙げましょう。文字がかすれており一見してかなり年季の入ったものであることがわかりますが、ここで隣駅に着目します。南隣の春日駅の表記の下に薄く「しらきばる」の文字が見えます。

これは大野城駅の旧称「白木原駅」のことで、この駅名標が製作された当時は南福岡と白木原(大野城)の間に駅はなく、春日駅が開業した際に隣駅を塗りつぶして上から書いたことが窺えます。その塗りつぶしが経年劣化によって薄くなり、下の「しらきばる」の字が丸見えになっているという具合です。

春日駅の開業は1989年3月11日、訂正されていない北隣の笹原駅の開業は国鉄民営化のたった23日前、1987年3月9日です。結論としてこの駅名標国鉄民営化を挟んだわずか2年の間のどこかで設置されたことがわかります。実際問題、2年の間に何回も駅名標を付け替えることも考えにくいので、笹原駅開業の際に新しく製作して設置したと考えるのが妥当でしょう。これがもし事実なら、この駅名標国鉄最後の一か月足らずの間に製作された貴重な遺構といえましょう。

 

f:id:nenjin:20190407095320j:plain
f:id:nenjin:20190407095307j:plain

手書きの駅名標には壁掛け型の体裁がとられているものもあります。大半は青地に白の字で筆書きされる形で、こちらに関していえばJR九州管内で見られる場所は限られています。

 


もじ鉄 書体で読み解く日本全国全鉄道の駅名標