なまずのねどこ

ちょっとオタク寄りな旅の記録。B級スポットとか県境とか駅とか魚捕りとか。常にどこかに出かけていたい負け組大学生。

秋の週末徳之島プチ旅 前編

鹿児島本土から奄美群島方面へは、2つのルートのフェリーが運航されています。

 

鹿児島-名瀬(奄美大島)-亀徳(徳之島)-和泊(沖永良部島)-与論(与論島)-本部(沖縄本島)-那覇の「フェリーあけぼの」「フェリー波之上」「クイーンコーラル8

鹿児島-湾(喜界島)-名瀬(奄美大島)-古仁屋(奄美大島)-平土野(徳之島)-知名(沖永良部島)の「フェリーきかい」「フェリーあまみ(平土野まで)」

 

この2経路がそれなのですが、鹿児島から最初の寄港地(名瀬・湾)までは航行距離が長くなるため、いずれの便も上下方面ともに夜行区間としてダイヤが組まれています。そのため、往復の移動を夜間に済ませることで、行きの日は早朝から、帰りの日は夕方までフルに使って行動することが可能となります。

(※ただし、沖縄方面からだと逆に朝から夕方までを海路での移動に費やすことになります)

 

今回はこのダイヤ上の特性を活用して、土日(10/24-25)で徳之島に行ってきました。

 

f:id:nenjin:20201027104414j:image

金曜の18時に鹿児島新港を出航。錦江湾を抜けて外洋へ出ると基本的に携帯の電波は通じないので、シャワーを浴びたり読書したりして暇を潰します。日が変わる前に早々に就寝、接岸のアナウンスで起きると名瀬港でした。

 

f:id:nenjin:20201026113204j:image

朝9時半には名瀬の次の港、徳之島の亀徳新港に到着。奄美群島のなかでは人口は多い方の島で(約23000人。奄美大島に次いで2番目)、土曜朝の便ということもあってか、玄関口となるフェリーターミナルは旅人や帰省客、出迎えの人でごった返していました。

 

f:id:nenjin:20201026115249j:image

亀徳のターミナルから歩くこと数分、徳之島町中心市街・亀津の街並み。ここで車を借りました。ホテルやレンタカー屋の他にも生活物資の確保に必要なお店は一通り揃っているため、長期滞在であっても全く不便はなさそうです。

 

f:id:nenjin:20201026115629j:image

ファミリーマート亀津北店。ちゃんと24時間営業です。元は別のコンビニだったみたいですが…

ファミマは徳之島町亀津に2つある他には天城町、伊仙町に1つずつあり、レンタカーの旅ではかなり重宝しました。

 


f:id:nenjin:20201026120501j:image

f:id:nenjin:20201026120457j:image

ところどころ寄り道しながら北に車を走らせます。島の東岸はリーフを基調とした南西諸島らしい海岸線が広がっていました。

 


f:id:nenjin:20201026120910j:image

f:id:nenjin:20201026120913j:image

畦プリンスビーチ。家族連れやカップルが大量にいました。冴えない一人旅のオタクにとっては場違い感が半端ない…

 

f:id:nenjin:20201026121302j:image

島北東部の入り江にある山漁港で雑魚釣り。しかし、みるみる間に雲行きが怪しくなり小雨がぱらつき始め、30分もしないうちに納竿しました。急峻な地形の島なので、天気がコロコロ変わるんでしょうね…屋久島も割とこんな感じでしたね。

 


f:id:nenjin:20201026121819j:image

f:id:nenjin:20201026121815j:image

ヨスジフエダイとヤマブキベラ。海が荒れていたこともあり、ここでの釣果はたったの2匹…

 


f:id:nenjin:20201026122033j:image

f:id:nenjin:20201026122037j:image

さらに車を走らせ、金見崎へ。ソテツのトンネルがあることで有名なスポットですが、岬の展望台からの眺望もなかなか。

f:id:nenjin:20201026122245j:image

これもある意味奄美群島らしい風景。

 


f:id:nenjin:20201026122541j:image

f:id:nenjin:20201026122537j:image

ムシロ瀬。むしろを敷いたような割れ目の入った岩が連なる岩礁地帯。徳之島の北端にあたります。

 

f:id:nenjin:20201026122814j:image

島のもうひとつの玄関口、徳之島空港。結構でかいです。鹿児島空港奄美空港那覇空港への便があります。

 


f:id:nenjin:20201026123252j:image

f:id:nenjin:20201026123256j:image

島内随一の景勝地、犬の門蓋(いんのじょうふた)。読めねえ…

サンゴ礁や砂浜海岸の多い東岸から一転、西岸は荒々しい断崖絶壁の海岸線が広がっています。島全体が隆起サンゴ礁からなる喜界島や沖永良部島では見られない風景です。

 

f:id:nenjin:20201026125602j:image

天城町の中心集落、平土野(へとの)。喜界島経由のフェリーが発着する港があります。

 

気付けばもう日が傾く時間。観光地を一通り見て回ったので、しばらく平土野港で釣りをすることに。


f:id:nenjin:20201027083849p:image

f:id:nenjin:20201027083856j:image

f:id:nenjin:20201027083842p:image

日没をまたいで2時間ほど実釣。大物は出ませんでしたが、種数はそこそこで楽しめました。

 

後編に続きます。

県境探訪 岡村大橋@広島県呉市/愛媛県今治市

とある試験で大阪に行く用事ができたので、道すがら瀬戸内の島々をぶらぶらと巡ってきました。そんな中での海を跨いだ県境探訪記です。

 


f:id:nenjin:20200923194126j:image

f:id:nenjin:20200923194122j:image

竹原港から高速艇で大崎下島の御手洗(みたらい)港へ。大崎下島自体は安芸灘とびしま海道を通じて呉市へと繋がっていますが、竹原より東、三原・尾道方面からだとフェリーや高速艇の方が経路としては近道となります。

この航路の高速艇はご覧の通りかなり小さい船でした。寄港地が多い航路なので、フェリーと違って接岸や乗降に時間のかからない小型船の方が理に適っているのでしょうね。

 


f:id:nenjin:20200923194923j:image

f:id:nenjin:20200923195005j:image

途中で大崎上島のいくつかの港に寄港。本土からの架橋はないものの、造船が盛んで人口も7000人とそこそこ多い島です。今回はスルー。

 


f:id:nenjin:20200923201939j:image

f:id:nenjin:20200923201936j:image

竹原から50分ほどで御手洗港に到着。行政区画としては豊田郡豊町(ゆたかまち)に属していましたが、平成の大合併の際に呉市編入されました。それでいて、呉市街までは40kmほどとかなりの距離があります。

 


f:id:nenjin:20200923201902j:image

f:id:nenjin:20200923201907j:image

港から路地に入ると、小さな町ながら古い街並みがよく残されていました。アニメ『たまゆら』の聖地のひとつにもなっているそうです。

 

f:id:nenjin:20200923202328j:image

御手洗の街並みから少し登ったところにある展望台から。画像に写っている範囲の陸地の中では、右端の岡村島のみが愛媛県。他は全て広島県に属する島々です。

 

f:id:nenjin:20200925172828j:image

呉市の豊支所がある大長(おおちょう)方面に2kmほど歩くと、大崎下島岡村島の間を結ぶ3つの橋が見えてきました。

 


f:id:nenjin:20200925173312j:image

f:id:nenjin:20200925173523j:image

一つ目の橋を渡ると平羅島、その次は中ノ島。いずれも無人島ですが、斜面を生かしたみかん農園が広がっています。

 

f:id:nenjin:20200925173815j:image

三つ目の橋こそが、今回わざわざ瀬戸内に立ち寄った目的の一つでもある、芸予県境の岡村大橋。この先に橋が存在しないことで、岡村島は "愛媛県の島でありながら広島県(本州)としか橋で繋がっていない" という、地味ながらかなり貴重な個性を得ているのです。

 


f:id:nenjin:20200926231313j:image

f:id:nenjin:20200926231316j:image

橋上を横切る県境。道路に直書きされた愛媛/広島の文字にはどことなく手書き感がありますが…

また、県境の標識は呉・今治それぞれの市章も付記されている割と手の込んだものでした。

 

f:id:nenjin:20200926231746j:image

呉市本土から岡村島に至るルートとして安芸灘とびしま海道という愛称こそついてはいますが、案内標識などに記される道路の区分としては柑橘類の輸送の強化を主目的とする広域農道という扱いであり、実際の交通量もかなり少ない印象でした。都市に出るのであればフェリー経由で今治にアクセスする方が早いですしね…

 


f:id:nenjin:20200926213343j:image

f:id:nenjin:20200926213348j:image

岡村島側からの眺め。「愛媛県」の標識は、ちょうど島に差し掛かった地点にありました。

 

f:id:nenjin:20200926222654j:image

港に面した島の中心集落は、県境の橋からさらに4kmほど進んだところに開けています。かつての関前(せきぜん)村役場にあたる今治市関前支所がこの集落にあるほか、商店や交番など島民の生活に関わる施設が港を中心に立地しています。

陸路としては行き止まりの島となりますが、岡村港からは今治市本土のほか大三島へのフェリー航路があり、車両の行き来も可能です。

 


f:id:nenjin:20200927015256p:image

f:id:nenjin:20200927015252p:image

 

喜界島奇怪紀行 Part6

■8/22朝 喜界空港

最終日。お世話になった宿をチェックアウトし、丸4日借りた自転車を返しに喜界空港売店へ。

島に来てから特に南国らしいものを口にしていなかったため、食堂でさとうきび生ジュースを注文しひと休憩。

 

f:id:nenjin:20200830155320j:image

意外とさっぱりした味わいなので、黒糖の甘ったるさが苦手な方にもおすすめです。

 

さらなる釣果を求め、空港からバスで島の東側、早町(そうまち)漁港に向かいました。

 

■8/22昼 早町漁港

f:id:nenjin:20200830160403j:image

早町は喜界島では湾の次に大きな集落で、荒天で湾港にフェリーが着岸できない際は発着港となる場所でもあります。

港の先端部で竿を出し、フカセと小物狙いのサビキを並行して魚の反応を待ちます。

 

f:id:nenjin:20200830160031j:image

縦横無尽に駆け回る強烈な引きの末に上がってきたのはアオチビキ。といっても40cmほどなので、南のパワーファイターとして知られるこの魚のこと、まだまだ大きくなりそうです。細長い体型ですが、フエダイの仲間です。

 

f:id:nenjin:20200830161113j:image

続いて50cm近いヒラニザ。こちらも海面に竿を引きずり込まんばかりのファイトで楽しませてくれました。

 


f:id:nenjin:20200830161306j:image

f:id:nenjin:20200830161300j:image

こちらは少々小さめ、ハナアイゴとタイワンブダイ。


f:id:nenjin:20200830161523j:image

f:id:nenjin:20200830161527j:image

f:id:nenjin:20200830161531j:image

f:id:nenjin:20200830161618j:image

f:id:nenjin:20200830161615j:image

f:id:nenjin:20200830161610j:image

サビキの方も着々と釣果を追加し、日が傾く前に納竿。

有終の美を飾る成果にホクホクしながらフェリーターミナルへ向かうバスに乗り込むのでした。

 

■8/22夜 湾港フェリーターミナル

f:id:nenjin:20200830211625j:image

行きと同じ船、フェリーあまみで鹿児島本土へ帰還。鹿児島↔︎喜界島の行程は上り下りともに夜行です。

来てから帰るまでずっと快晴だったので、碌にカタツムリを探せなかったのが心残りです。次は梅雨時に来たいですね。

 

読了感謝です!

喜界島奇怪紀行 Part5

■8/21朝 喜界島南西部

朝食を済ませた後、デジカメを持って蝶の観察へと出発。湾集落から南方向へ漕ぎ進め、目星をつけていた自然度の高い遊歩道へ。

 

f:id:nenjin:20200830151517j:image

リュウキュウアサギマダラ。「the 南国の蝶」といった感じの華やかさです。

色合いはアサギマダラに似ていますが模様の入り方は更に細かく、属も別らしい。

 

f:id:nenjin:20200830151521j:image

またまた出会ったオオゴマダラ

割と島の至る所で飛び交っています。警戒心が薄く、飛翔も緩慢なので見失うことがあまりなく撮りやすいです。

 

■8/21昼 湾漁港内

一旦宿に荷物を取りに戻り、湾港フェリーターミナルの集落側にある漁港の穏やかな港内で小物釣り。

 


f:id:nenjin:20200830153009j:image

f:id:nenjin:20200830153013j:image

ミツボシキュウセンやカンランハギなどが釣れますが、魚の活性が低く総合的な釣果はぱっとせず。

昨日夜釣りをした防波堤に移動します。

 

■8/21夕方 湾港防波堤

先に来ていた地元の釣り人と入れ替わりに釣り始めました。先客の撒いた餌にムロアジ系の群れが集っています。

 

f:id:nenjin:20200830153556j:image

浮きサビキ仕掛けを投入すると即ヒット。クサヤモロでした。

 


f:id:nenjin:20200830153716j:image

f:id:nenjin:20200830154304p:image

その後はモンツキハギやアマミスズメダイなどを追加。

ニザダイ系は個性的な面々が多くて面白いですね。

喜界島編ラスト、Part6へ続きます。

喜界島奇怪紀行 Part4

■8/20昼 at小野津周辺

前日に急勾配の行程を漕ぎ続けた疲れからか、痛恨の寝過ごし。とはいっても島で行きたい場所はもう一通り回れていたので、昼から夕方にかけて小物釣りに興じることとしました。

竿とクーラーボックスを携え、バスと徒歩で小野津集落付近の海岸に向かいます。

 

f:id:nenjin:20200830140513j:image

道中で出会ったヤギさんたち。喜界島の農村部では至る所で見かけます。かわいいですね。

島内に野生のものはおらず、全て家畜として管理された個体らしいです。

 

f:id:nenjin:20200830142649j:image

小野津漁港。高めの防波堤から集落方向を俯瞰気味に撮ってみました。磯場は小さめのビーチに続いています。

 

f:id:nenjin:20200830142118j:image

仕掛けを投入するやいなや食いついてきたオジサン。奄美大島でも多かったですし、どこでも釣れますね。

 


f:id:nenjin:20200830143415j:image

f:id:nenjin:20200830143421j:image

f:id:nenjin:20200830143526j:image

f:id:nenjin:20200830143520j:image

サビキ仕掛けでの釣果たち。左上からハコベラ、ハクセンスズメダイ、フィリピンスズメダイ、ミナミイスズミ。

この調子で数種類を追加。帰りのバスを逃すと炎天下で釣り道具を抱えて10km歩くことになってしまうので、日が暮れる前に湾集落へ戻ります。

 

■8/20夜 at湾港防波堤

港近くにある島唯一のほっともっとで夕飯を調達後、湾港で夜釣り。

 


f:id:nenjin:20200830143842j:image

f:id:nenjin:20200830143845j:image

テリエビスとクロオビマツカサ。イットウダイ系は南の島の夜の定番ですね。

 

f:id:nenjin:20200830144723j:image

カスリイシモチ。さしずめネンブツダイ系の南西版といったところでしょうか。光の当たる角度によってサイケデリックな色彩になるのでビビりました。

 

f:id:nenjin:20200830144745j:image

キビナゴに食いついた大きめのオキフエダイ。背鰭の赤い縁取りが美しいです。

 

このあと灯火に集まる甲虫を拾おうと自販機の明かりを見て回るも撃沈。宿に帰還し床に就きました。

Part5に続きます。

喜界島奇怪紀行 Part3

■8/19

この日は観光に徹することにしました。宿を出発し、島の東側にある丘陵地に向かって漕ぎ進めます。

ところどころ手押ししながら長い急坂を登り進める途中、

f:id:nenjin:20200828164424j:image

突如現れる名物看板。ポケモンGOのジムにもなっていました。

ちなみに描かれている蝶はアサギマダラ。渡り蝶として有名ですね。

 


f:id:nenjin:20200828164734j:image

f:id:nenjin:20200828164731j:image

看板の注意喚起に違わず蝶は本当に多く、オオゴマダラツマムラサキマダラがカメラに収まってくれました。

 


f:id:nenjin:20200828165216j:image

f:id:nenjin:20200828165221j:image

丘を登り切り、ようやく頂上にある百之台公園に到着。

 


f:id:nenjin:20200828165540j:image

f:id:nenjin:20200828165543j:image

展望台もあり、眺めはすこぶる良好です。断崖の先の海岸にはサンゴ礁由来の岩礁地形が際限なく広がっています。

 

休憩もそこそこに、さらに北東の方角へ向かいます。

 

f:id:nenjin:20200828170119j:image

丘陵部から島の北側にかけては、3kmに及ぶ直線道路が伸びています。かなりの勾配があり、サトウキビ畑の向こうに海を見下ろすような形で漕ぎ下ることになります。

 

f:id:nenjin:20200828170610j:image

小野津集落にある東経130度の記念碑。同時にここが東シナ海と太平洋の境界線になるようです。ここでも、海岸線には遠浅の磯が広がっていました。

 

f:id:nenjin:20200828170939j:image

島の北端にあるハワイビーチ。岩礁の入り江に形成された砂浜という地形はスギラビーチと似ていますが、周囲に目立つ構造物はなく島の果ての趣きが漂っています。

 

f:id:nenjin:20200828171615j:image

東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市の船。黒潮は北向きの海流なので、最短に近いルートで宮城から流されてくることはありません。おそらくものすごい大回りの末にこの喜界島まで流されてきたのでしょう。

 

このまま湾集落まで漕いで宿へ帰還。移動距離の合計は26kmでした。

Part4に続きます。

喜界島奇怪紀行 Part2

■8/18午前 atスギラビーチ

日の出後、湾の集落から海沿いに伸びる道を歩いて抜け、スギラビーチに向かいました。

 

f:id:nenjin:20200828150201j:image

うわ〜〜〜〜〜(発狂)

さながら桃源郷の具現化のような景観でした。サンゴ礁の磯が侵食されてできた天然のビーチなんですが、ここまで綺麗だと泳ぐとか釣りとかじゃなく純粋にただただ眺めていたくなりますね。

とはいっても周辺には良さげな磯場が広がっているので、やっぱり釣りはしないともったいない。ひととおり堪能したあと竿を出します。

 


f:id:nenjin:20200828151207j:image

f:id:nenjin:20200828151212j:image

磯での釣果。写真はイシガキハタとミナベヒメジ。

他にはネズスズメダイ、オジサン、本土でもお馴染みのオヤビッチャやヤマブキベラなど。

 

f:id:nenjin:20200828150206j:image

スギラビーチは喜界空港の滑走路の北側に隣接した立地なので、柵越しに離着陸するエアコミューター機が見られます。景観は申し分ないですがこのせいで騒音がかなり響くので、静かな環境で落ち着いて海水浴やキャンプをしたい人には向かないかも。

 

f:id:nenjin:20200828152205j:image

喜界空港の正面玄関。どこか田舎の特急停車駅のような、こじんまりした雰囲気のかわいい空港です。

空港内に食堂を併設した売店があります。ここでレンタサイクルのお世話になることにしました。値段は丸4日借りても2000円台。安っ!

 

f:id:nenjin:20200828153311j:image

空港の脇にあるショッピングセンターふくりで買い出し。より町の中心に近い位置にAコープもありますが、品揃えはこちらの方が充実しているように感じます。かなり夜遅くまで開いているため、滞在中の食料調達の際に重宝しました。

 

f:id:nenjin:20200828153853j:image

蝶の島と呼ばれるだけあって、青看板には島で見られるオオゴマダラが描かれています。

その足で宿に一旦荷物を預け、さらなる風景と釣果を求めて、南の方向へとペダルを漕ぎ始めました。

 

■8/18午後 at荒木海岸

f:id:nenjin:20200828162748j:image

空港近くのニシムタで餌と釣具を調達し、宿の方に勧められた島の西側の海岸に向かいます。階段状の岩場や起伏に富むタイドプールが断続的に広がる期待通りの良釣場でした。

ここまで来るともう波音以外耳に入るものはなく、ただ杳々たる東シナ海が穏やかに紺碧の水を湛えています。

そして静寂の中で孤を描く竿。

 

f:id:nenjin:20200828162853j:image

応酬の末に現れたのは50cm近いトサカハギ。額の出っ張りが特徴的なニザダイの仲間です。

丁重にリリース。

 


f:id:nenjin:20200828162932j:image

f:id:nenjin:20200828162928j:image

巨大なイスズミをバラした後、胴突でメギスやナガニザなど数種類を釣果に追加し、宿に戻ることとしました。

 

f:id:nenjin:20200828163710j:image

帰り道での夕焼け。Part3へ続きます。